Category参加したワークショップ・セミナー
吉濱ツトム先生 出版記念講演会_20150530
先日風雲舎さんより『アスペルガーとして楽しく生きる』を出版された、吉濱ツトムさんの講演が、LOFT A@阿佐ヶ谷にて開催されました。ハッピーカムカムの櫻井本子さんのお引き合わせで参加させていただきました。ありがとうございます!


第一部は、吉濱さんに診ていただき発達障害を克服した当事者によるトークライブ。
ライブハウスらしくドリンクや食事、お酒をいただきながら、緩やかな空気の中で、激しいトークの応酬w
『ビフォアー&アフターについて、赤裸々に語ります。』と内容紹介にありましたが、まさにそうでした。
吉濱さんのユーモアに満ちた『圧力』の掛け方は、観覧者としては面白かったですが、登壇者はたいへんでしょうねw 生の声を聞くことができる大変貴重な体験でした。

第二部は、対談形式でまず『ローカーボのすすめ』としてローカーボ大作戦代表の小林裕太さんが登壇。
技術者やサンドイッチ製造などを経てローカーボ(炭水化物・糖質を極力減らす食事法=糖質制限食)に目覚められたそうです。
大事な方を病で亡くしたこともご自身が『世にローカーボ食をひろめることが自分のミッション』と感じた理由となってらっしゃるとのこと。なかなか壮絶な経験されてきたのだなと感じました。


本に詳しくかかれていますが(P.89)
ローカーボは『アスペルガー患者の症状回復』に というだけでなく、肥満や糖尿病(2型)、そして高血圧、高脂血症、動脈硬化、リウマチ、自律神経失調症、統合失調症、鬱、がんに高い効果があるそうです。第一部の登壇者の方も
ローカーボで痩せたことをお話ししてらっしゃいました。そして小林さんは以前は73kgあった体重が今は16kgダウンの57kg⁉だそうです。スゲー!

ちょっと面白かったのが『立川二郎で麺抜きにして豆腐に替える『二郎』が食べられる』そうです。
麺が豆腐になって具は二郎そのものだそうで、これは行ってみることにしましたw(実はトークライブ中一番どよめいた話題でしたww)※通は二郎をラーメンと言わないそうです。二郎という食べ物であると!ww

吉濱さんがマクロビオティックの人を論破した話をしていましたが、わたし、比較的玄米菜食なんですw
自他共に認める豆好きw 動物系は在るときからパタッと欲しなくなったというだけなんですが。
ただ、あんまり『お米食い』ではないので、痩せるんならローカーボはいいかも。。。と思い、6月から一ヶ月実施予定。
いろんな意味でライトボディにもう少しなりたいのですw。すぐやってみるタイプなのであった。
以前中途半端にローカーボ取り入れて、低血糖症状態に頻繁になったのでやり方は気をつけなくちゃな と。

小林さん一押しのローカーボ具材は『豆腐、もやし、卵』だそうです。なるほどです。

今後おふぃすヨシハマと小林裕太さんの共同企画でwebサイトが立ち上がるらしく。
『小林さんのつくるローカーボスイーツはすごい美味しい』と伺いましたので、楽しみ♪


もうひと方ご登壇したのが、精神障害者・発達障害者の就労移行の支援事業をしてらっしゃる
ペガサスの理事、木村志義さん。精神障害や発達障害に特化し、障害者手帳がなくても就職ができるように
支援・斡旋をしてらっしゃるそうです。

ご自身の『ペガサス』の中で精神障害や発達障害の方に働いてもらいながら
その方々の個性、才能をみつけ、スキルとして磨いていくことを導きだし、本就職先の企業とのマッチングをしてらっしゃるそうです。

吉濱さんが尋ねてましたが『とても面倒な、人がやりたがらない仕事だと思うが何故あれほど熱意を持ってやっているのか』という質問に『人とおなじことをやりたくない、だれもやっていないことをやりたかった』とおっしゃってました。が、なかなか忍耐力が必要なお仕事だと思いますが『人と同じでないこと』にやりがいを感じる木村さんがいらっしゃったから、就職できたという方は沢山いらっしゃるのだと感じました。素敵なシステムがあるのだなと知りました。

最後に質問コーナーで、ひとつこころに残るやりとりがありました。
これからの就職に向けて、自分の才能はどのように探したらいいか?という質問に対して、

吉濱さんは、大きく2つのポイントがあると答えてらっしゃいました。

まず以下の4つのポイントをチェックすること。
1.初めてやる事なのでに、なぜかうまい。
2.それに関する知識や技術の吸収が早い。
3.その知識や技術を伸ばすことがすぐにできる
4.そしてその知識や技術をスムースに美しくこなすことができる。

そして次に自分の歩んできた人生を細かく振り返ってみて、
なにがうまかったか。出来事を丁寧に洗っていくとよいのだそうです。

しかし、才能は『面白くなかった』『うまくなかった』と自分は感じたり。そういう場合もあるそうです。
自分では当然であって才能と感じられないというニュアンスでしょうか。
例えで日本では『列車が寸分違わず時間通りに駅にくる』ことをおっしゃってました。
海外からしたらカミワザ。日本では当然。

自分の中での『当然』は意外と『才能』と認めることができないのかもしれません。

わたしの中では『クライミング』と『絵』はそんな感じです。全然うまくいかない。面白くないかも。自己肯定感が低めな趣味。
その一方『音楽』は比較的4つのチェックリストに当てはまります。でもギターはそうでもねぇなw ドラムと鍵盤は合致。

本を読んで、知識を得て、お話を聞いて改めて思ったのが、
アスペルガーや発達障害は『だれもがもっている要因』であること。そして『個性』であること。
それと上手く付き合っていくのが自分であり、周りの人間なのだろうなあと感じました。

吉濱ツトムさん、出演者、おふぃすヨシハマ・スタッフの皆様、
会場の皆様、どうもありがとうございました。m(__)m

ハコも良い箱だったな〜。こんなスンバラシイお宝があって、
縁を感じました♪


吉濱ツトム公式ウェブサイト
☆近日アップ予定のローカーボパラダイス http://lowcarbon.info
☆一般社団法人 ペガサス

★阿佐ケ谷ロフトA


---------------
ロッカルーム。rocca-room.com

UMEBOSHI★ONIGIRI TAROT URANAI? -2015 GEMINI- NEW!!

並木良和先生のメールマガジン登録募集中です!詳しくはこちら

 

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

2015年05月30日 23:30
comments(0) | trackbacks(0)
Permalink : http://blog.rocca-room.com/?eid=307
[ ]

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログ内検索

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

プロフィール

分 類

最近の記事

過去ログ

links

recent comment

おすすめ

recommend